独「ゴルフ5」からの 日本「レガシィ」 一目惚れDiary

40代オヤジ。初の外車五代目ゴルフ四代目レガシィツーリングワゴンへ。その奮闘記をココに記します。

ゴルフ5型乗りが ゴルフ7(Highline)に乗ってみた

こんにちはさとるです。

 

前回のブログにおきましてご紹介致しました通り、

今回は「ゴルフ5型乗りが乗ってみた」シリーズ

記念すべき第10弾!

 

お時間ございましたら前回ブログもあわせてご覧ください!

 

hcmotors.hatenablog.com

 

 

それではゴルフ5型乗り

 

ゴルフ7 1.4 TSI ハイライン

 

に乗ってみたいと思います。

 

  

f:id:nanasato83:20160626222033p:plain

 ↑ ゴルフ7TSI Highlineハイライン(2014) 328.9万円

全長4265×全幅1800×全高1460㎜

ホイールベース 2635㎜

車重1320kg

 

さとる号ゴルフ5 GLI(2004)

全長4205×全幅1760×全高1485㎜

車重1380kg

 

f:id:nanasato83:20160626222131j:plain

 ↑ 今回お世話になりました、フォルクスワーゲン水戸様 店内。

 

 

f:id:nanasato83:20160626222039j:plain

 

フォルクスワーゲンのクルマすべてに吹き込まれるものとは、

 

「人を真ん中に考えるクルマ。」

 

 「人を思うからこそ、細部にまで徹底的にこだわり、長く愛せる道具としてクオリティを追いつづけてきました」

(ゴルフ カタログより)

 

ゴルフ5型でもそれを十分感じることができたつもりだが、

現行モデルにどう根付かせているのか???

 

 

自分なりの答えを見出してみたい

と思います。

 

 

f:id:nanasato83:20160626222114j:plain

 

 

 

(さとる号ゴルフもカッコイイんですが…)

めちゃくちゃカッコイイじゃないですかー! 

f:id:nanasato83:20160626222206p:plain

↑ 今回の主役 ゴルフ7 1.4TSI ハイライン

カラー:パシフィックブルーメタリック

 (※こちらは2014年式のモデルとなり、「スマートエントリー&スタートシステム(プッシュ式スタート)」「ダークティティンデッドガラス(スモーク)」がないなど、新型と仕様が異なるそうです。)

 

 

f:id:nanasato83:20160626222602p:plain

 

f:id:nanasato83:20160626222409p:plain

f:id:nanasato83:20160626222608j:plain

 

f:id:nanasato83:20160627000536j:plain

 

f:id:nanasato83:20160626222732p:plain

f:id:nanasato83:20160705192100j:image

f:id:nanasato83:20160705192145j:image  

↑ 「どノーマルさとるゴルフ5型」と比べると、やはり、車高の低さ、いかついタイヤとホイールのおかげで、スポーティー度がかなり増すのですねw

 

f:id:nanasato83:20160626235634p:plain

↑ 1.4TSI エンジン

走り出しから、高速走行までとにかく安定感バツグン!

 

 

< 肝心の走りは?>

f:id:nanasato83:20160705192638j:image

1.4 直噴TSIエンジン&7速DSGトランスミッション

 

 燃費 JC08モード 19.9km/ℓ

 

小型の水冷式インタークーラー付きターボ。はんぱなく早いですし、パドルシフトを使えば細かなシフトアップ・ダウン操作により、道路に吸いつくような安定感抜群の走行が楽しめますね。

 

DSGトランスミッションのおかげで、0.03-0.04秒というレーシングドライバーなみのシフトチェンジを実現」

 

 最高出力 103kW(140PS)/4500-6000rpm

最大トルク 250Nm(25.5kg)/1500-3500rpm

 

このスペックでもそうとうやられた私さとる。ゴルフRはどんだけ早いんでしょうかー??? 

 

<参考1>

ゴルフ5GLI(2004)

 最高出力 110kW(150PS)/6000rpm

最大トルク 200Nm(20.4kg)/1500-3500rpm

 

 <参考2>

ゴルフR 2.0ℓ(現行型)

 最高出力 206kW(280PS)/5100-6500rpm

最大トルク 380Nm(38.7kg)/1500-3500rpm

 

 

 

f:id:nanasato83:20160627000716j:plain

 

 

f:id:nanasato83:20160626234213j:plain

 ↑ 225/45/R17

cinturate P7

 

 

ハイラインにだけ付いている機能

その1

ACT(アクティブシリンダーマネジメント)

エンジンへの負荷がそれほど大きくないとき、4気筒のうち2気筒を休止させ、燃費の向上を図るシステム。

 

その2

ドライビングプロファイル機能

通常のノーマルに加え、「エコ」「スポーツ」「カスタム」など、

シーンにあわせ、エンジン・シフトなどお好みのドライビングスタイルがカスタマイズできる!

 

 

 

 

f:id:nanasato83:20160626235756j:plain

..

f:id:nanasato83:20160626235838j:plain

 ↑ 上質なスエード調アルカンターラシート

オプション設定で高級感あふれるレザーシートも。

 

 

f:id:nanasato83:20160626235927j:plain

↑ タコメーターとスピードメータの間の「マルチファンクションインジケーター」に燃費・ナビ情報・オーディオのコントロール、必要な情報が集約される

 

f:id:nanasato83:20160627000255j:plain

↑ 5.8インチ純正オーディオシステムBluetoothブルートゥース)も初体験なさとる。

iphone内の音楽再生、ハンズフリーで電話、さらには電話帳まで

ハンドルのスイッチから操作可能!感動しっぱなしw

 

 

f:id:nanasato83:20160627000331j:plain

 

f:id:nanasato83:20160627000001j:plain

 ↑ 「インテリアアンビエントライト」(ハイライン標準装備)

オシャレ!夜間の室内。ドアトリムにライン状のLED照明が光る!

 

 

f:id:nanasato83:20160627000426j:plain

↑ 後部座席スペースは、ゴルフ5型よりややゆったりか。シートもフロントのシート同様フィット感があり、圧迫感も少ないです。

 

 

 

f:id:nanasato83:20160627000652p:plain

 

f:id:nanasato83:20160627000458j:plain

 ↑ 後部座席を倒せば通常380ℓ→1270ℓのスペースが出現!

ご覧の通りの十分なキャパシティです。

 

f:id:nanasato83:20160627000747j:plain

 

 

ACC(アダブティブ クルーズコントロール)、はまります!

f:id:nanasato83:20160705192728j:image

(※ TSIコンフォートラインとTSIハイラインに標準装備

トレンドラインはオプションとのことです。)

 

さとる号ゴルフ5についている

ACC(オートクルーズコントロール)だって、

私かなり感動しましたが、ACC(アダブティブ クルーズコントロールほぼ自動運転ですね!

 

具体的に言いますと例えば

60キロの設定ACCをオン!→0~60キロの間で前者との車間をキープして追従走行→前のクルマが減速、停止→前者に合わせ自動で停車→アクセルを一踏みし、走行開始。

(なお、前者がいなくなると、設定している60キロまで再加速しますので、ドライバーが運転をサポートする必要があります)

 

遠出はもちろん、通勤時などにも大活躍!前走行車の減速に、ドライバーよりも早く気づいて車間距離をキープするような感覚。これにより、ドライバーのストレス、疲労度がグッと軽減されるのだと推測されます。

 

 

 

総評

f:id:nanasato83:20160705192740j:image

 

★★★★★(満点)

 

 

 

「ゴルフを超えられるのは、GOLFだけ。」(ゴルフカタログより)

 

先進のハイパワー低燃費エンジン、数々の安全装備など…。

旧世代と比べれば、数々のアドヴァンテージが、現行型にあるのは間違いありませんが、それらは他のメーカーのクルマにも言える事。

 

一向にぶれることがない、初代ゴルフから代々受け継がれてきた

「走行安定性」「エクステリア」「インテリア」「静粛性」

は、もちろん私が所有するゴルフ5にもエッセンスが引き継がれ、

さらに洗練されたモノが、6代目へ、7代目へと次々にバトンが渡されているのでしょう。

 

私の結論として、ゴルフというクルマは、

 

違いはあれど、初代から現行型までどのモデルをチョイスしたとしても、それぞれのポテンシャルを存分に楽しめると思います。

 

もちろん、スピード、静粛性などは、「シリーズ後半のゴルフ」に分はありますが、

 

ドライバーにとって一番大切な「走って楽しい」という最高のツール感が、すべてのフォルクスワーゲンゴルフに兼ね備わっている!といえます。

 

もし今回の記事でゴルフシリーズにご興味をもって頂けたのならば、是非、販売店、中古車ショップへ足を伸ばしていただき、実車をみたり、スタッフの方にお話聞いたりしてみてはいかがでしょうか?

 

きっと、一瞬で!?ゴルフの魅力にとりつかれる事でしょう!

 

「やっぱりゴルフ、いいクルマだわー。」

f:id:nanasato83:20160705192823j:image

(2017年3月追記)

こちら

フォルクスワーゲン ゴルフ7の

試乗の模様を約3分ちょっとの動画にまとめました。

フォルクスワーゲン ゴルフ7 試乗 - YouTube

 

お時間ありましたらブログとあわせまし是非ご覧くださいませ!

 

 

 

以上今回は 

フォルクスワーゲンゴルフ7型についての記事をお届け致しました。

 

 

  

<番外編>

フォルクスワーゲン メルマガにて、限定300台

ひときわ輝く存在感を放つ特別限定モデル“ゴルフ ALLSTAR”

発売のニュースが流れてきましたので、

ご紹介させていただきます。

allstar.volkswagen.co.jp