独「ゴルフ5」からの 日本「レガシィ」 一目惚れDiary

40代オヤジ。初の外車五代目ゴルフ四代目レガシィツーリングワゴンへ。その奮闘記をココに記します。

ゴルフ5型乗りが レクサス IS200tに乗ってみた

f:id:nanasato83:20160424220416j:image

こんにちは、さとるです。
 
先日のニュースですが、

朝日新聞デジタル 2016年4月24日 より)
 「トヨタ自動車は、コンセントから充電できる「プラグインハイブリッド車(PHV)」を2018年から中国市場でも販売する。24日、発表した。中国でのPHV生産もめざす。現地生産や購入補助によって価格を下げ、世界最大市場での販売増をねらう」
 
トヨタの世界戦略は止まることを知らず、中国での生産計画によりさらなるコストダウンを! ということで、
売上、利益ともにひとり勝ち状態を突き進んでおります!
 
 
今回のエントリーは、「乗ってみたシリーズ 第6弾」
レクサス IS200t  F SPORT
の模様をお送りします。
f:id:nanasato83:20160424211839j:image
↑レクサス カタログ
(写真は IS 350)
 
レクサスの車に乗ったのはこれが初めてなのですが、レクサスと聞いてみなさんはどんなイメージがあるでしょうか?
 
私の中では、
「とにかくブランディングの徹底が
多くのファンを惹きつけている」
という事。
 
f:id:nanasato83:20160424220406j:image
 
そしてこんな記事もありましたよ↓
 
さてさて
レクサス IS200tの試乗により、
どんな衝撃を受けるのでしょうか?
 
まずは今回もwikipedia先生に
教えて貰いましょう!
 
「レクサスは、1989年よりアメリカ合衆国内で展開が開始されたトヨタ自動車高級車ブランド
f:id:nanasato83:20160424220440j:image
↑レクサスIS200t ドア プレート部
 
「日本国内でもレクサスブランドを展開することが、2003年2月トヨタ自動車から正式発表された」
 
BMWの「キドニーグリル」やアウディの「シングルフレームグリル」のように個性的かつ一目でレクサスと分かるような全車種共通のデザインアイコンを導入する方針への転換が図られた」
 
「先にIS FやHS、CTで採用されていた、逆台形のアッパーグリルと台形のロアグリルを繋げた「スピンドル形状」のフロントマスクをベースとし、さらに存在感を強めたデザインにリファインされたスピンドルグリル」が2012年発売のGS(4代目モデル)から採用され、以後に発売される他車種にも順次展開されている」
f:id:nanasato83:20160424212157p:image
 
 
レクサス IS200t
F SPORT  
509万円
f:id:nanasato83:20160424215854j:image

【スペック】

昨年2015年の7月、レクサスは、「IS」にターボエンジン搭載モデルの「IS200t」を追加を発表。
(同時に「IS300h」に4WD仕様を追加)
 

f:id:nanasato83:20160424222315j:plain

 
↑ レクサス IS200t  運転席
 
 
  • レクサス初 FR車(後輪駆動)
  • 直列4気筒 2.0ℓ直噴ターボエンジン (8AR-FTS)
  • 「ツインスクロールターボチャージャーと吸排気のバルブ開閉タイミングを最適に制御するDual VVT-iWを組み合わせ、最適な燃焼効率を実現するD-4STを採用」
  • 「アクセル操作に対する瞬時のレスポンスや、滑らかに素早く伸びていく加速フィーリングをもたらす」
  • 8速AT
  • 最高出力180kW(245PS)/5800rpm、
  • 最大トルク350N・m(35.7kgm)/1650-4400rpm
  • 燃費 13.2km/L(JC08モード)
  • 車重 1,620〜1,650㎏
f:id:nanasato83:20160424220713j:image
↑F SPORT 専用アルミホイール
フロント 225/40R/18
リヤ        255/35R/18
f:id:nanasato83:20160424221049j:image
(ブレてしまいました…)
f:id:nanasato83:20160424222453j:image
↑ 写真下のツマミを回す事で
「エコ」「ノーマル」「スポーツ/スポーツS」「スポーツS+」の
4つのドライブモードを選択できる。
 
【インテリア】
f:id:nanasato83:20160424220214j:image  
f:id:nanasato83:20160424220520j:image
f:id:nanasato83:20160424220548j:imagef:id:nanasato83:20160424222344j:image
f:id:nanasato83:20160424220615j:image
f:id:nanasato83:20160424220822j:image
↑「素材のひとつから丹念に吟味」したというアナログクロックも上品です。
 
f:id:nanasato83:20160424220900j:image
f:id:nanasato83:20160424220942p:image
f:id:nanasato83:20160424221112j:image
↑ F SPORT専用エンブレム(フロントフェンダー
 
 
【試乗】
さとる「(初試乗目前で心臓がバクバク! )す、すみません。(もちろん買えないんですが…)試乗したいんですけれど」
セールス「かしこまりました。どちらの車種がよろしいですか?」
さとる「(レクサスの車種、勉強してなくて分からない…。レクサスに来る途中に見かけた)ISで」
セールス「…‥‥。」
さとる「(え何々?レクサスISってあるよね⁇ 何か間違ってる???)」
セールス「(ははー。レクサスビギナーwだな、しょうがない)では2ℓターボ車の IS200tにしましょう!」
さとる「(ビギナーなので選り好みなんてしません!)そちらでお願いします!」

ISには他にも
IS250(2.5ℓ)、IS350(3.5ℓ)がある事を、私さとるは知りませんでした…。


f:id:nanasato83:20160424235808p:image

試乗する車が決まるまでそんな
やり取りがありました。そしてさらに、驚いた事。

お店から高速のインターまでは約3キロ位あるのですが、営業スタッフさんより言われました。
 
セールス「この車の良さを知るために、高速道路を1区間走ってください。」
 
(マジですか?買うともなんとも伝えていないのに高速道路、試乗できるの⁇)
 
ありがたかったのですが、他の用事もあり、今回は一般道だけ走らせて頂きました。
(それでも7〜8キロ、約20分位走らせて貰ったでしょうか?)
 
こんな所にもレクサスファンを増やすため、ごく自然な流れでの取り組みがなされて、さすがは

「日本初、世界標準のメーカー」である事を再認識しましたね。
 
前置きが長くなりましたが、

2ℓターボエンジンは、軽く踏み込んだだけで力強く加速し、8速AT仕様という事で、乗り心地、静粛性とも申し分ありませんでした。

 
ボディ剛性も非常に高められており、私さとる号ゴルフ5型をしのぐ安定感を感じました。
 
一緒に乗った家族も、
後部座席足元、頭上とも十分な空間であったと感じたようです。
f:id:nanasato83:20160424224853j:image
 
 
それから、私がお店にお邪魔した時ですが、ものすごいレクサス
が止まっていました。
f:id:nanasato83:20160424225811j:image
レクサスRC F
カーボンエクステリアパッケージ
(目撃したのは写真左)
CFRP: Carbon Fiber Reinforced Plastics 
(炭素繊維強化プラスティック)
1,031
出典 lexus.jp
 
 
ちょうど納車だったらしく、
試乗中、その車の話題になり、
営業スタッフさんからまた驚きの発言が。
レクサス RC F (954も試乗車がありますので、今度良かったらまたお越し下さい!」
 
「(マジですかー?本当に行ってしまいますよ)あ。ありがとうございます。」
 
 
↓ ショールーム展示車
レクサス RC 200t  521万円
f:id:nanasato83:20160425000639p:image
f:id:nanasato83:20160425000549j:imagef:id:nanasato83:20160424231047j:image
 
 
という感じで、
「509万のIS 200tに試乗させて貰った」だけでもお腹いっぱいなのに、
想定外の「どうですか?」攻めに、家族そっちのけで、すっかり舞い上がり、

おもてなし、アフターケアなど、

顧客満足度の向上に全力を注ぐその姿勢に、レクサスの底力を見せつけられた
私さとるでございましたw。
 
 
 
最後に僭越ながらIS 200t の評価をさせて頂きますと、
評価  ★★★★★(満点)
 
メルセデスベンツ CLA180も独特の流線型フォルムでよかったのですが、
レクサスIS200tも、一目でレクサスだと認識できる存在感あるボディ、さらに走行性能がとても印象的です。
f:id:nanasato83:20160424235239p:image
  CLA180
試乗の模様はこちら↓
 
もう1ついいと思うのは、
レクサスだからこそできる「数々のおもてなしとサービス」を受けられること。他メーカーにはないメリットが、
レクサスオーナーたちの安心感を生み、
所有する喜びを倍増させているという感じでしょうか。
 
……そして試乗後、
私はさとる号ゴルフ5型に乗り込みます。
静粛性はさすがに落ちると思いますが、鍛え抜かれたその走りはレクサスにも負けておりません!
 
f:id:nanasato83:20160425002544j:image
さとる号ゴルフよ、引き続きよろしく‼︎
 
 
以上今回は、レクサスIS200t 試乗についてお送り致しました。